\ 最大10%ポイントアップ! /

ベルクロのスタンスミスはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではベルクロのスタンスミスの評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

ベルクロのスタンスミスを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

ベルクロのスタンスミスはダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
全くダサくない0
ダサいとは思わない3
ふつう・どちらとも言えない5
少しダサいと思う2
すごくダサいと思う0

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

\平均評価/

3.1

10人のレビュー

全くダサくない

0%

ダサいとは思わない

30%

ふつう・どちらとも言えない

50%

少しダサいと思う

20%

すごくダサいと思う

0%

  • 1
口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

ベルクロのスタンスミスがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはベルクロのスタンスミスをダサいと答えた人の理由からです。

定番のスタンスミスよりも紐なしのマジックテープのシューズは個性的で良いのですが、履く場面を選ぶと思うからです。(30代女性)

個人的にはマジックテープのデザインがあまり好きではないのと、マジックテープがすっきりとしたデザインを邪魔しているような気がしました。(30代女性)

ベルクロのスタンスミスが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

ベルクロのスタンスミスは特にダサい感じはないと思います。トレンドは普通のスタンスミスですが、ベルクロの場合、少し違った印象が出てそれだけを目立たせる事が出来るので全く問題ないと思います。(30代男性)

見た目のデザインはシンプルで、他のブランドでもよく見かけるスニーカーです。ダサくはないですが、特別オシャレな感じもないです。(40代女性)

特に派手すぎる印象もなくシンプルなデザインなので個人的には全然問題ないと思いますし、ダサくないと思います。(40代男性)

着用感はいいですが、コーディネートの仕方によっては体育館シューズのように見えてしまう可能性があるので。またマジックテープにほこりなどがついたりするので手入れが必要です。(30代男性)

ベルクロのスタンスミスは色合いやデザインはオシャレだと思うが、ベルクロが3つあるところはあまり好きではないため「3」の評価にしました。(20代男性)

ベルクロのスタンスミスがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

デニムジーンズ等の一般的なカジュアルな服・パンツに合わせればダサいどころか、逆にカッコ良いと思います。(40代男性)

ダサいとは思いません。かわいいスニーカーだと思います。はきやすくて、履き心地も良いので、普段履きに良いと思います。(50代女性)

アディダスのスニーカーらしい爽快感が感じられて、アクティブに活動したいシーンにぴったりなアイテムだと思うから。(40代女性)

ベルクロのスタンスミスのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

ベルクロのスタンスミスがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではベルクロのスタンスミスを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

キレイめな服装や体型にフィットする服装はシューズの雰囲気と合わない場合もあるので全体のバランスに注意が必要です。

普通のスタンスミスの場合はセットアップにという形の使い方が出来ると思いますが、ベルクロの場合は少しスニーカーに印象が強く残りすぎるので、あまりオススメは出来ないと思います。

カジュアル感があるので、エレガントで上品な服装だと合わないです。あと、真っ白だと汚れているだけでもダサくなります。

マジックテープで止めるタイプは子供っぽく見えるので、汚れていたりするとダサくなってしまうのかなと思います。

カジュアルな感じなので、おしゃれをする場面やよそ行きには似合わないと思います。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

スカートやショートパンツ、ハーフパンツなど、膝下が出るボトムには合わないと思いました。

ベルクロのマジックテープの部分をきちんと貼り合わせることができていないとかなりダサいと思います。

マジックテープを使ったシューズのため、やや子供っぽい印象を与えてしまうこともあります。

下にジャージや短パンと合わせると、スポーティーすぎたり子供っぽくなったりするので、できればデニムやチノパンと合わせるのがいいと思います。

スーツなどのカチッとした服装と、ベルクロのスタンスミスの組み合わせは合わないと思う。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

ビッグシルエットやK-POP風のモノトーンを基調としたスタイリッシュな雰囲気に合わせると、アクセントになって良いと思います。

ブルージーンズにTシャツという王道コーデにも良く合いますし、実はスウェットパンツにベルクロのスタンスミスを合わせてもカッコよくなるので、その使い方が良いのではないかと思います。

カジュアルでスポーティ系の服装が一番合いそうです。レザージャケットとデニム、それに真っ白なスニーカーとかお洒落です。

定番ファッションコーデですが、スニーカーと相性の良いデニムジーンズはスタンスミスのベルクロとの相性も良いかと思います。

ジーンズやTシャツなど、カジュアルなファッションにはとてもよく似合うと思います。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

スキニーデニムなどの、スリムな形のデニムやボトムに合うと思います。クロップドパンツにも合うと思いました。

カジュアルなコーディネートであれば、デニムジーンズや白Tシャツなどに合うと思います。

Tシャツにワイドパンツを合わせ、足元にベルクロのスタンスミスを履くと、抜け感のある粋な休日スタイルが叶います。

カジュアルさを打ち消す為に、コーディネートにハードなアイテムを入れてもいいかもしれません。例えば革ジャンやゴツめのシルバーアクセサリーと合わせるというような感じです

上下黒の服装や、上白・下黒などのシンプルな服装ではベルクロのスタンスミスは合うと思う。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないベルクロのスタンスミスの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にベルクロのスタンスミスの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

紐のスタンスミス

まずは紐のスタンスミスです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

一般的にはこちらの方がお勧めです。カジュアルスタイルはもちろん、外しのアイテムとしてジャケットスタイルなどのキレイめなファッションとも合わせることができます。

CONVERSE  オールスター US V-3 OX

続いてはCONVERSE  オールスター US V-3 OXです。

CONVERSE オールスター US V-3 OXはオールスターでありながらベロクロという特殊な形があるスニーカーで、スタンスミスのベロクロに負けないインパクトがあるので十分代用が出来るのではないかと思います。

VANSのスニーカー

続いてはVANSのスニーカーです。

ベルクロのスタンスミスとVANSのスニーカーはシンプルなデザインが似ているので、代用できると思う。

GUのスニーカー

続いてはGUのスニーカーです。

GUがスタンスミスを真似て作ったものですが、価格が1500円程度であり、はるかに安くてコスパが良いです。

NIKE エアジョーダン

続いてはNIKE エアジョーダンです。

ナイキのエアジョーダンはクッションがとてもよくて、デザインもカッコいいと思います。

まとめ

以上がベルクロのスタンスミスの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

ベルクロのスタンスミスに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

別のアイテムもチェックしてみよう!

当サイト「ダサイズム」では、あらゆる商品のダサいかダサくないかのアンケート調査を実施中。

1500アイテム以上の調査結果を掲載しているので、気になるアイテムがダサいかどうかをチェックすることができます。

実際どう思われているんだろう…?

という人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「ダサイズム」は、さまざまなコーディネートのダサい問題を解決するサイトです。センスに自信がないときに参考にしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次