Edward Green(エドワードグリーン)はダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではEdward Green(エドワードグリーン)の評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

Edward Green(エドワードグリーン)を使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

Edward Green(エドワードグリーン)はダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
全くダサくない6
ダサいとは思わない2
ふつう・どちらとも言えない2
少しダサいと思う0
すごくダサいと思う0

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

\平均評価/

4.4

10人のレビュー

全くダサくない

60%

ダサいとは思わない

20%

ふつう・どちらとも言えない

20%

少しダサいと思う

0%

すごくダサいと思う

0%

  • 1
口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

Edward Green(エドワードグリーン)がダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはEdward Green(エドワードグリーン)をダサいと答えた人の理由からです。

今回、表題商品に関して、ダサい・ややダサいと回答した方は1人もおりませんでした。

Edward Green(エドワードグリーン)が普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

革の経過を楽しめる革靴ブランドです。シンプルでフィット感が良いので、ビジネスマンにオススメのブランドです。良い意味でデザインが地味なので、コーディネートは楽ですがオシャレとは言えません。(40代男性)

Edward Green(エドワードグリーン)は歴史のあるブランドだけあり、デザイン性も作りもしっかりとしているので、特に問題ないと思います。(30代男性)

Edward Green(エドワードグリーン)がダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

上質で高級感のあるデザインが大人の上品さや色気を出してくれます。ワンランク上の履き物で着る人の印象も上品にしてくれます。(20代女性)

イギリスの高級紳士靴のブランドで、革靴をメインに展開しています。品質から製造までこだわって作られています。(30代男性)

靴の先端が少し尖っているものが多く販売されているところがクラシカルでかっこいいので、とても魅力的だと思いました。(20代女性)

イギリスの老舗な感じがとてもデザインに現れていて、洗練され、美しさも持ち合わせたブランドだからです。(40代女性)

細身で紐を使用したデザインになっている点がカッコいいと思います。綺麗な光沢を放っており、高級感がある点もとてもステキです。(30代女性)

シャープ感あるフォルムが素敵だし、大人の渋さとクールさも混じって良い意味でシンプルだけど上品な個性を醸し出しているから。(30代女性)

スーツに合わせやすいデザインでかっこいいです。ダサいと感じたことはなく、むしろずっと使いたいぐらい好きです。(30代男性)

ビジネスからカジュアル、きちんとしたシーンまで履けるデザインの幅が魅力ですし、好感度の高い靴だと思います。(60代女性)

Edward Green(エドワードグリーン)のダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

Edward Green(エドワードグリーン)がダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではEdward Green(エドワードグリーン)を使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

カジュアルな場面では、上品さや質の良さが隠れてしまいますので、せっかくのこだわりの作りやデザインがもったいないです。

ヒール部分が少し高く、偏って磨り減るとバランスと見た目が悪くなるので、メンテナンスは必須です。

まず、カジュアルに履くタイプの靴ではないです。また、しっかり手入れがされてないとせっかくの靴が台無しになってしまいます。

フォーマルな印象のある靴が多いので、カジュアルすぎるコーディネートとは合わせにくいと思いました。

全体的にオーソドックスな形なので、若い人のスーツの足元に合わせるとその部分だけ浮いてしまうので避けた方が良いと思います。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

シンプルなデザインなので、キャラクターもののTシャツなど合わせると全体的なイメージに対し違和感をもってしまうと思います。

何年も履き古して傷だらけの品を愛用するのがダサいです。かなり貧相で不潔感が漂ってしまうのが理由です。

靴自体がクールで上品なので、ジーンズや古着などと合わせると全体のバランスが崩れ貧相に見えてしまう

紳士服以外にはあまり合わないかもしれないので、気を付けて服と合わせなければならない。

綺麗めのデザインなので、コーデする時に奇抜なアイテムを組み合わせるとちぐはぐになってまとまりがなくダサくなると思います。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

ビジネスシーンですと間違いなく気品があるように見え印象もよくします。スーツスタイルにもマッチしてより一層かっこよく見えます。

スーツやジャケットとの相性抜群です。また、キレイ目のパンツやジーンズと合わせてもオシャレです。

ビジネスやフォーマルのシーンにおいてはピッタリで、かっこいいです。スーツには間違いなくピッタリです。

シンプルなスーツなどに合わせると、靴がより映えて見えるのでおしゃれになると思いました。

ワイン色のパンツに薄いピンクのシャツを合わせ、ワイン色のネクタイに黒のジャケットを羽織り、足元をEdward Green(エドワードグリーン)の黒のドレスシューズで決めるとカッコよく決まると思います。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

バッグなども革にして全体的にブラウンカラーでまとめると、周りと違うファッション性が出て目を引くと思います。

ツイード素材のスーツと組み合わせるのがカッコいいです。英国紳士のような魅力を放てるスタイルとなります。

黒系の革ジャンやパンツ、ネイビーなどのシャツでクールに合わせると媚びない上品さを演出出来てカッコイイ。

お気に入りのスーツに合わせて、ステキな大人の演出ができます。社会人としてかっこいいです。

綺麗めのデザインに合わせて、シンプルなもの、シックなものとのコーデが一番素敵に統一感が出ると思います。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないEdward Green(エドワードグリーン)の代用アイテムのおすすめを紹介

最後にEdward Green(エドワードグリーン)の代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

ジョンロブ

まずはジョンロブです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

同じイギリスの靴メーカーです。どちらも歴史があり、代わりに使っても遜色ないと思われます。

メゾン マルジェラ

続いてはメゾン マルジェラです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

モダンでカジュアルに履ける品が良い革靴ブランドです。カカトを折り曲げて履くこともできるローファーは珍しいと思います。遊び心があるオシャレなブランドです。

大塚製靴

続いては大塚製靴です。

日本でもっとも古い歴史を持つ靴メーカーで、柔軟性のある牛革のみを使用したアイテムがあるのがおすすめポイントです。

リーガル

続いてはリーガルです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

シンプルなデザインは似ていますが、比較的に安価でデパートなどに出店していて手に入り安いです。

まとめ

以上がEdward Green(エドワードグリーン)の評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

Edward Green(エドワードグリーン)に対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

別のアイテムもチェックしてみよう!

当サイト「ダサイズム」では、あらゆる商品のダサいかダサくないかのアンケート調査を実施中。

1500アイテム以上の調査結果を掲載しているので、気になるアイテムがダサいかどうかをチェックすることができます。

実際どう思われているんだろう…?

という人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「ダサイズム」は、さまざまなコーディネートのダサい問題を解決するサイトです。センスに自信がないときに参考にしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次