タッセルローファーはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事ではタッセルローファーの評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

タッセルローファーを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

タッセルローファーはダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
全くダサくない1
ダサいとは思わない2
ふつう・どちらとも言えない4
少しダサいと思う1
すごくダサいと思う2

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

\平均評価/

2.9

10人のレビュー

全くダサくない

10%

ダサいとは思わない

20%

ふつう・どちらとも言えない

40%

少しダサいと思う

10%

すごくダサいと思う

20%

  • 1
口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

タッセルローファーがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはタッセルローファーをダサいと答えた人の理由からです。

「タッセルはいらなくない?」としか思えない。埃っぽい時期だとタッセル部分が汚れやすく、手入れの時にも邪魔。(40代女性)

昔からあるデザインですが、シンプルなものほどかっこいいと思うので、過剰なデザインというイメージです。(50代女性)

タッセル自体があまり好みではないのでダサいと思う。ファスナーについているタッセルやピアスなどにタッセルが使われている場合は、気にならないのだけれど、靴についたタッセルは個人的に好きではない。(40代女性)

タッセルローファーが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

最近は、履いている人をあまり見ない気がしますが。エナメル素材やスエード素菜など革以外の素材ならおしゃれだとは思います。革だとダサイ気がします。(40代女性)

タッセルが切りっぱなしだったりペラペラしているとチープな印象になってしまうので、タッセルのデザインによると思うからです。(20代女性)

ビジネスマンの普段靴としては最適だと思います。欧米では法律家もよく使うので問題はないでしょう。ただ、やや若すぎるイメージもあるので年齢によっては控えた方が良いのかもしれません。(40代男性)

合わせる服によってイメージが大きく変わってしまうから。人により、おしゃれにもダサくもなりうるデザインと言える。(20代女性)

タッセルローファーがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

トラッド感や落ち着きがしっかり感じられ、履いている人をよりスマートに見せてくれるような靴だと思うから。(40代女性)

シンプルでしっかり目の服にもカジュアルにも合わせやすいデザインでこなれ感もあるので、おしゃれ感はあると思います。(30代女性)

大人な綺麗めなデザインでクラシック感がありかっこいいと思った。また、タッセルがワンポイントになっていることで堅苦しい印象がなくカジュアルな服でも合わせれるから(20代女性)

タッセルローファーのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

タッセルローファーがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではタッセルローファーを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

重厚感がある靴なので、服装にやや抜け感をプラスしないと、ダサくて野暮ったい印象を与えてしまいがちです。

革靴とはいえカジュアルなものなので、スーツや礼服に合わせるのはよくない。特に冠婚葬祭には履くべきではないので注意。

カジュアルな格好のときにはくと、よけいにダサくなってしまうような気がします。

カジュアルなファッションには合わないと思います。特にレギンスには合わないと思います。

ショートパンツやミニスカートと合わせた場合、足元のボリュームが少なくバランスが悪く見えるので注意すべきだと思います。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

ローファーは靴としては普段靴だそうです。そのため礼服が必要な場面には履いていかないように気を付けた方が良いでしょう。

しっかりとした靴なのですが、ビジネススーツなどと合わせると、カジュアルすぎるので避けた方がいいと思います。

ジャージやスウェットなどのラフすぎる服装にはタッセルローファーは綺麗め過ぎて似合わないから。

ミニスカにフリルやレースソックスを履き、タッセルローファーを組み合わせるとひと昔前のファッションになる。

スーツなどにタッセルローファーを履いている人を見ると、とんでもなくダサいと思ってしまう。子供が履いている場合は気にならない。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

ビジネスシーンで履きたい場合は、スーツよりもジャケットスタイルに合わせた方がしっくり馴染みやすいです。

こなれた綺麗めカジュアルに合わせると少しいい。黄色系の服なら茶の靴、寒色系の服なら黒というように色味を合わせるといい。

基本的には、スポーティーなかっこうのとき以外は何でもあうのではないかと思います。

キレイめパンツ、キレイめシャツにカーディガンなどのキレイめファッションと組み合わせると違和感なくおしゃれだと思います。

少し足首が見えるくらいの丈のスラックスに合わせると、シンプルながらタッセルのデザインがポイントになりオシャレだと思います。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

スーツでもいいですがカジュアル服との相性も良いと思います。スラックスでもジーンズでも合わせやすいです。

くるぶし丈のジーンズなど、カジュアルなのにちょっとしっかり目のスタイルにすると、おしゃれです。

ジャケットにTシャツを中に着て下はスラックスを合わせ、ワンポイントにシンプルめなネックレスやブレスレットとよりおしゃれになる。

ジャケットやブラウスなどのトップスを使い、パンツスタイルでオフィスカジュアル風に合わせるとできるいい女な感じでおしゃれ。ベッコウ柄の丸メガネなどをアクセサリーとして着用すると尚良し。

リラックス感がある全体的にゆるっとしたファッションに合わせたり、崩しアイテムとして投入するのであれば良いと思う。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないタッセルローファーの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にタッセルローファーの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

コインローファー

まずはコインローファーです。

タッセルローファーよりも、おとなしめで洗練された印象があり、カジュアルからフォーマルまで多様なシーンで使いやすいです。

シンプルなローファー

続いてはシンプルなローファーです。

メンズ、レディースともに、シンプルなローファーが一番いいと思う。ビジネスにもはけるところがタッセル付きよりもよい。革靴はある程度の値段がしても、品質が良いものにした方がおしゃれで良いと思います。

ヴァンプローファー

続いてはヴァンプローファーです。

表題のローファーに比べると、こちらが装飾もなくてシンプルでリッチ感もあるのでこちらの方がおしゃれです。

ビットローファー

続いてはビットローファーです。

ビットローファーは、金具に光沢があって、ゴールドやシルバーでおしゃれです。カジュアルでもキレイめファッションでも良く合います。

厚底ローファー

続いては厚底ローファーです。

厚底な分足元にボリュームが出る為、全身のバランスを取りやすくスタイルが良く見えるからです。

まとめ

以上がタッセルローファーの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

タッセルローファーに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次