\ 最大10%ポイントアップ! /

キッチンタイルはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではキッチンタイルの評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

キッチンタイルを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

キッチンタイルはダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
全くダサくない1
ダサいとは思わない5
ふつう・どちらとも言えない2
少しダサいと思う2
すごくダサいと思う0

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

\平均評価/

3.5

10人のレビュー

全くダサくない

10%

ダサいとは思わない

50%

ふつう・どちらとも言えない

20%

少しダサいと思う

20%

すごくダサいと思う

0%

  • 1
口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

キッチンタイルがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはキッチンタイルをダサいと答えた人の理由からです。

友人のナチュラルめの素敵な夫婦がリノベーションして手作りでDIYで作ってたのは素敵だが、自分には似合わないので好きではない。(40代男性)

古いイメージがある。柄や材質によってはキッチンのスタイルに溶け込むとは思うが、提案する人のセンスによる。(20代女性)

キッチンタイルが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

貼るタイルのカラーや模様、大きさ、他のものとのバランスなどによるので、どちらともいえないと思います。(50代女性)

家のキッチンに飽きたらキッチンタイルを壁に貼り付けたら今までのキッチンとは違う感じになるので良いアイテムだと思います。(40代男性)

キッチンタイルがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

近未来的というよりもレトロ調なキッチンの内装にぴったりです。個人のセンスが表現できるので楽しめます。(40代男性)

確実にお洒落なものではあります。ちなみに掃除もしやすいですから、実用性も非常に高くあるのでお勧めできます。(30代男性)

今まさにリフォームについて色々検討していますが、キッチンタイル自体は全然ダサくなく、寧ろリビングダイニングをお洒落に見せるために積極的に検討したいと思っています。空間全体の調和が問題であって、そこさえ間違えなければ寧ろお洒落になると思います。(30代男性)

キッチンをより表情豊かに見せてくれるアイテムだと感じるから。北欧風やプロヴァンス風といった人気のインテリアスタイルを実現しやすいところに惹かれます。(40代女性)

タイルのデザインにもよりますが、一般的に殺風景なキッチンを明るくさせる目的や、賃貸キッチンの汚れ防止などの目的で設置すると思うので、動機としてはダサいとは思いません。(20代女性)

キッチンタイルといっても色々な種類があるので全くダサいとは思いません。タイルがあることですごく部屋がスタイリッシュに見える時がありますね。(30代男性)

キッチンタイルのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

キッチンタイルがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではキッチンタイルを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

色のトーンが青やグリーン系の寒色系のものが自分はあまり良いとは思わない、しろはもっとかな。

ステンレスの金属製の内装が多い近未来的なキッチンでは、タイルの違和感が出てしまいます。

基本的に水場に良いのがタイルです。それ以外のところですとあんまりのよろしくはないです。

例えば、シックなLDKの中にカラフルでポップなモザイクタイルみたいなものを採用すると浮いてしまい、ダサくなりますので、空間全体の雰囲気と合わせてタイルの種類を選ぶ必要があると思います。

細かいタイルを使用すると、より古く見えてしまうと思う。メンテナンスも大変であるため注意が必要。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

キッチンタイルの目地には汚れが付着しやすいため、掃除や手入れが苦手な人にはおすすめしません。

昔ながらの白いタイルや、はながらのタイルや、他のキッチンアイテムと合わないテイストのものだとダサいと思います。

色味やデザインに統一感がなかったり、貼り方が雑で曲がったりしているとダサく見えるかも知れません。

丸いタイルの時はちょっとダサい時がありますね。ガスコンロとの対比の部分で少しアンバランスです。

きちんと貼り付けないとタイルが熱で落ちてくる時があり、料理に入ったり、お皿が割れたりするのできちんと貼るということを気をつけてください。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

その夫婦はモザイクタイルにさらに細工して、間にビー玉入れたりしてレトロっぽくて涼しくて良かった。

木目調などウッディなスタイルのキッチンの一部にタイルという場合は温かみがあってオシャレです。

一面をというのもよいですが、一部分だけというのも格好良くてお勧めできる利用の仕方です。

自分はホテルライクなシックな空間が好きなので、LDK全体をそういった雰囲気にして、キッチンタイルにはグレー系の大ぶりなタイル等を使いたいと思います。

インダストリアルな雰囲気を出したい場合、柄・材質によっては空間とマッチすると思う。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

オープンキッチンの壁面にモロッカン風のキッチンタイルを貼ると、エキゾチックでおしゃれな雰囲気のキッチンになります。

キッチン全体のカラーを統一したり、アイテムとテイストをあわせたり、無地のタイルにいくつかだけ柄のタイルをいれるなどするとおしゃれだと思います。

色味やデザインに統一感をもたせ、壁一面に貼ろうとするのではなく、ポイント使いでアクセントタイルを貼るとオシャレになると思います。

やはり四角いタイルはとてもおしゃれですね。キッチンをかなり華やかな感じにしてくれるのでそれがとても魅力的です。

北欧風の感じにタイルを使うと私は好みです。好きなように変えられるのがとても良いところです。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないキッチンタイルの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にキッチンタイルの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

モザイクタイルやヘリンボーンに並べる

まずはモザイクタイルやヘリンボーンに並べるです。

自分は友人もやっていたモザイクタイルや、ヘリンボーン状にカラフルに並べてあるのが素敵だと思います。

大理石

続いては大理石です。

キッチンに高級感と清潔感を与えてくれて実用的でもあります。ただモノトーンで冷たい印象になってしまいます。

ウォールステッカー

続いてはウォールステッカーです。

本格的な工事がいらず、自分でも貼り替えがしやすいため、より気軽に取り入れることが可能です。

アクセントクロス

続いてはアクセントクロスです。

キッチンタイルにするとどうしても費用は嵩んでしまいますので、アクセントクロスなどで代用するのもあり得ると思います。ただし、タイルと比較すると初期費用は安価な一方、汚れや傷が目立つというデメリットがあると思います。

キッチンパネル セラール

続いてはキッチンパネル セラールです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピング

メンテナンスのしやすさ、プランへの組み込みやすさ、種類の多さからキッチンパネルはオススメできる。

まとめ

以上がキッチンタイルの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

キッチンタイルに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

別のアイテムもチェックしてみよう!

当サイト「ダサイズム」では、あらゆる商品のダサいかダサくないかのアンケート調査を実施中。

1500アイテム以上の調査結果を掲載しているので、気になるアイテムがダサいかどうかをチェックすることができます。

実際どう思われているんだろう…?

という人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「ダサイズム」は、さまざまなコーディネートのダサい問題を解決するサイトです。センスに自信がないときに参考にしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次