インプレッサスポーツはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではインプレッサスポーツの評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

インプレッサスポーツを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

インプレッサスポーツはダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

インプレッサスポーツがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはインプレッサスポーツをダサいと答えた人の理由からです。

今回、表題商品に関して、ダサい・ややダサいと回答した方は1人もおりませんでした。

インプレッサスポーツが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

基本コンセプトが日常使いを想定しているため、スポーツカーのようなカッコよさ、悪路の走破性などはなく、スバルのベーシックなデザイン(無難なデザイン)となっています。(30代男性)

ハイテクとインプレッサが合わさった次世代のインプレッサという感じでしょうか。走り屋が乗る車ではなくなりました。(40代男性)

商用・自家用のどちらでも活用しやすい自動車で、見た目だけでは特にカッコいい・ダサいとは思わない車種です。(30代女性)

スタイリッシュで街乗りを得意とするインプレッサスポーツは今までのイメージからは異なります。インプレッサと言えば悪路や山を走破する物でしたが、普段乗られる人のため安定性を求め通勤やちょっとした出掛けに適しているでしょう。(40代男性)

インプレッサスポーツがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

インプレッサスポーツ本体そのものがダサいとは思いません。が、スバルオタクやスバルオタクのイメージカラーとして定着しているキモオタブルーがダサいと思います。(30代男性)

形がすごくかっこよく色味も派手さが無く、運転しやすそうだから。形がほとんど一緒なので色味がとても自分の好みだから。(10代女性)

スポーティでありながらも、いい意味で尖り過ぎていない感じがして、長く愛用できそうな印象を受ける車だから。(40代女性)

普通に好きなモデルだけど、一般的なハッチバックタイプの車といった感じで、特別感はあまりない感じがする。(40代女性)

モデル名に多少の変化はありましたが、スバルが長い間続けてきた代表的なモデルなので人気もあるのでダサいとは思いません。(40代男性)

インプレッサスポーツはカッコイイと思います。若い子が乗っていても良いしおじさんでも乗れます。趣味で乗る自動車です。(30代男性)

インプレッサスポーツのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

インプレッサスポーツがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではインプレッサスポーツを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

前述のとおり、日常使いされることを目的としてるため、大きく張り出すようなフロントバンパー(社外品)などは、つけないほうが良い。あくまでドレスアップでしかなく、性能面では期待できないので。

昔みたいに走り屋の人が乗るような感じではなくなったので、そういう乗り方は望ましくないのではないのではないでしょうか?

どうしてもオタク?インプレッサというイメージがあります。もし私がスバル車を購入する場合はブルーを購入することはないと思います。端的にいうとオタクをおしゃれにさせることがスバルの課題なのかなぁと思います。

車に泥や汚れがついていたら運転していた時にダサく見える。運転している人の服装がダサいと車との組み合わせがダサくなる。

ボディカラーによって大きく印象が異なるので、色選びを慎重にしないと、後悔する原因ともなり得ると思います。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

外装にステッカーをたくさん貼るのはダサくなるので注意が必要です。走り屋が好むカスタムの使い方でかっこ悪いです。

年々形は進化しているものの、車色の選び方は重要。クリーム系のカラーベースは流行り廃りがあるから注意するべき。

派手さを優先したメーカーが推奨しない明らかに性能を落としているようなカスタムや痛車はダサいです。

家族持ちや女性には不向きな自動車だと思います。不便が沢山あるので独身や趣味で乗る方が良いと思います。

他社の車に比べて収納スペースが狭く感じたり、パワー不足はあります。スタイリッシュさを求めた結果からか、インプレッサ感はないでしょう。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

車体のデザインに派手さ(誇張した個性)がないので、年配の方や、女性の方でも十分似合うデザインとなっています。

ファミリーカーの中ではしっかり走るとのことなので、ファミリーカーとして楽しむのがいいと思います。インプレッサもかわったんですね。

大人っぽい服装を着ていると車とあっていておすすめ。事故などをしないように安全運転をする。こまめに洗車をするといい。

カッコいいデザインの車ほど目立ちやすいので、お手入れやメンテナンスをこまめにして、綺麗な状態を保っておくことが大事なのではないでしょうか。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

営業用車両に使用するのがおしゃれです。スポーティーな見た目がカッコよさを引き立てます。

長く愛用したいのなら光沢が関係ないマットカラーや、ベーシックな白や赤はずっと使えるのでオススメ。

カスタムをするにしても、STIパーツを中心にするとシンプルかつ性能のアップにつながります。見た目もおしゃれになると思います。

とにかく趣味で乗る自動車だと思います。買い物やお出掛け用の自動車には出来ないと思います。

買い物であったりちょっとした旅行などでは、さほどのパワーも要りませんし荷物も多くなければ安定性ある車で快適です。過度に積んだりせず、街や観光地のドライブを楽しむのがおすすめでしょう。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないインプレッサスポーツの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にインプレッサスポーツの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

レガシィ(スバル)

まずはレガシィ(スバル)です。

もともとレガシィとインプレッサは、兄弟車としてデビューした経緯があるため、デザインの方向性はにています。ただ、値段は全く違い、レガシィ400万円代、インプレッサ200万円代と、圧倒的な差があります。

レボーグ

続いてはレボーグです。

同じスバルの割と高級車のレボーグが代用になるのではないでしょうか?レボーグの方が走る感じがしますが、代用になると思います。

N-BOX

続いてはN-BOXです。

軽自動車ですが5ドアで車内がとても広く、荷物もたくさん詰め込めるのがおすすめポイントです。

日産

続いては日産です。

色んな形や色味が派手になっている。形が色んな種類があるので選択肢が増え車を買うときにすごく楽しくなる。

マツダ ロードスター

続いてはマツダ ロードスターです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

ドライバーの意のままの走りを実現してくれる機能性とデザイン性を備えていて、街中を颯爽と走り抜けるのに適した車だと思います。

まとめ

以上がインプレッサスポーツの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

インプレッサスポーツに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

別のアイテムもチェックしてみよう!

当サイト「ダサイズム」では、あらゆる商品のダサいかダサくないかのアンケート調査を実施中。

1500アイテム以上の調査結果を掲載しているので、気になるアイテムがダサいかどうかをチェックすることができます。

実際どう思われているんだろう…?

という人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「ダサイズム」は、さまざまなコーディネートのダサい問題を解決するサイトです。センスに自信がないときに参考にしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次