グレンロイヤルはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではグレンロイヤルの評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

グレンロイヤルを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

グレンロイヤルはダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
全くダサくない5
ダサいとは思わない3
ふつう・どちらとも言えない1
少しダサいと思う1
すごくダサいと思う0

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

\平均評価/

4.2

10人のレビュー

全くダサくない

50%

ダサいとは思わない

30%

ふつう・どちらとも言えない

10%

少しダサいと思う

10%

すごくダサいと思う

0%

  • 1
口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

グレンロイヤルがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはグレンロイヤルをダサいと答えた人の理由からです。

好きじゃ無いの一言で終わらせるのはもったいないので、、できればイギリスで見て欲しいかなと、その店の外観から惹かれたます。(40代男性)

グレンロイヤルが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

革製品アイテムのなかで、シンプルなデザインと落ち着いたカラー商品で構成されているのでシンプルな普通のブランドだと思います。(30代女性)

グレンロイヤルがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

とてもシンプルなのに高級感がある小物アイテムが揃っていて、持っているだけで大人のイメージを与えられるブランドだと思います。(40代女性)

高品質なレザーならではの魅力を生かした落ち着きがあって大人っぽいアイテムが充実しているブランドだと思うから。(40代女性)

シンプルながらも、アンティークっぽくて品を感じるデザインのブランドだからです。良い素材を使っているんだなと感じるから。(20代女性)

ブライドルレザーを使用して作られた非常に高品質の皮革製品であり、私の感触では、寸法が大きくなるバッグなどに、その特色が現われていると思います。スコットランドにおいて設立されたグレンロイヤル社の製品です。馬具などに使う革製品が製造技術のベースにあるようです。レザーの美しさの内容が経時変化で変化してゆき、美しさが長持ちするようです。(60代男性)

古き良きこだわりの皮小物製品を扱っており、英国のスマートなイメージが感じ取れてオシャレだと思います。(40代女性)

ダサいとは思いません。品質が良い皮製品を使っているブランドのイメージがあります。デザインもクールだと思います。(50代女性)

シンプルなデザインで、高級感があり大人っぽいなと思うからです。長く愛用できるところもいいなと思います。(20代女性)

レザーに特化したファッションブランドなのですが、とてもスタイリッシュで格好いいと思います。見た目もシンプルで使いやすそうです。(30代男性)

グレンロイヤルのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

グレンロイヤルがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではグレンロイヤルを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

ものは間違いないが、進化はしていないので個人的にはもらえたら使う程度ですね。古銭入れはよいかな。

とてもシンプルで高貴なデザインなので、ピンク系のファッションやミニ丈スカートなどと合わせてしまうと財布が悪目立ちしてしまうので避けた方がいいです。

おとなしめのデザインが多く、無難なコーデにすると、ダサくて野暮ったい印象になってしまいがちです。

このブランドの商品はダサくならないと思います。非常にエレガントなものばかりなので、カジュアルな服にもシンプルな服にも合いますし、フォーマルなシーンでも映えると思います。しいて言うなら、この商品は大人の方にお似合いになるものだと思うので、10代の若い方が使うとあまりに合わず、少しダサく感じるかもしれません。

形状の洒落た感じを狙った設計のものは、本来の皮革製品の美しさを表現するうえで、少しランクを落としてしまうおそれもあるので、あまり形状に凝らないものがよいと思います。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

統一感のない、ごちゃごちゃしている服装には、この製品のスマートでかっこいいシンプルさが台無しになってしまいます。

高級感のある製品ばかりなので、あまりカジュアルな装いをしたときにはあわないと思います。

カラーによっては可愛さが強くなる可能性があるので、そこは好みなのかなと思います。

ビジネスバッグが傷らだけの状態で持ち続けるのはダサいです。傷だらけだとみっともなくて不潔感を覚えるからです。

やはりレザーなのでカジュアルな服装の時はあまりマッチしない気がします。フォーマルな格好の時がいいです。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

あまりにもスコットランド的なエスタブリッシュなので、スラックスにベルトは合わせたいがどう使おうか迷いますね。

シンプルな小物アイテムなので、スーツスタイルなどしっかりめのファッションとの組み合わせの相性がいいと思います。

シンプルなスーツスタイルにトレンチコートを羽織り、グレンロイヤルのサッチェルバッグを持つと、英国っぽさの漂う知的で上品な装いになります。

ジャケットやスーツとの組み合わせが一番オシャレになると思います。特に男性が使うとダンディな印象になり、映えると思います。女性ならオフィスカジュアルとの相性が非常に良いと思います。シフォンブラウスやテーラードジャケットとの相性は抜群です。

第5項に述べましたように、紳士的な雰囲気のある服装と組み合わせ、一見地味であるが革製品の気取らない美しさを感じさせるものを使用することを、おすすめです。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

上質なもの、シンプルでクラシカルな装いが、こちらの製品とマッチして、より素敵に見えると思います。

きちんとしたおしゃれをしているときに合わせるととてもにあってかっこいいと思います。

黒やブラウンなどは大人っぽくて、どんなコーディネートにも合わせやすいのでおすすめです。

小さなグレンロイヤルの小銭入れをポケットに入れて愛用するのがおしゃれです。小銭もきちんと財布に入れる几帳面な方を見受けられるからです。

このブランドの財布とスーツスタイルはとても合うような気がします。すごくおしゃれ度が向上しそうな組み合わせです。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないグレンロイヤルの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にグレンロイヤルの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

Paul Smith(ポールスミス)

まずはPaul Smith(ポールスミス)です。

ポールスミスのレザーリュクスシャインは、グレンロイヤルよりも少しお値段が低く、なのに見た目はエレガントでシックな雰囲気を放つ商品です。品の良さを溢れ出してくれる、そんな商品なので代用品に一番向いていると思います。

濱野皮革工芸

続いては濱野皮革工芸です。

表題のようなシンプルさもあり、高級感もありつつ日本が手がけるブランドなのでこだわりが感じられるのでおすすめです。

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

続いてはWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)です。

トラッド感をベースにしながらも、トレンドを巧みに取り入れたデザインが充実し、よりファッショナブルな印象のアイテムを手に入れやすいです。デザインはこちらの方がもっとシンプルだが、価格帯などが近く、持ちやすいと思います。

コルボ

続いてはコルボです。

滑らかな革を採用しているブランドで、使うほどいい味わいの質感になる点がおすすめポイントです。

THIN BRIDLE(シンブライドル)

続いてはTHIN BRIDLE(シンブライドル)です。

シンブライドルも革製品の気取らない美しさと経年変化とを楽しめるブランドですが、形状にはグレンロイヤルよりややスマート感があります。

まとめ

以上がグレンロイヤルの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

グレンロイヤルに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次