ゴローズはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではゴローズ(goro’s)の評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

ゴローズを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

口コミを見る

口コミを書く

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

ゴローズ(goro’s)はダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
全くダサくない2
ダサいとは思わない2
ふつう・どちらとも言えない3
少しダサいと思う2
すごくダサいと思う1

読者投票、コメントの結果は以下の通り。

\平均評価/

3.2

10人のレビュー

全くダサくない

20%

ダサいとは思わない

20%

ふつう・どちらとも言えない

30%

少しダサいと思う

20%

すごくダサいと思う

10%

  • 1

口コミを書く

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

ゴローズがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはゴローズをダサいと答えた人の理由からです。

2000年代に流行ったファッションであり、もしこれを付けている人がいたら、時代に取り残されていると思うため。(30代男性)

まず初めに浮かぶ感想が「古い」「時代遅れ」という言葉です。一周まわってまたトレンドになり周知されるまでは、元ギャル男の現おじさんがつけているようなイメージ。(30代女性)

有名人がつけているイメージが強いですが、正直あまりかっこいいとは思いません。小金持ちアピールが感じられます。(20代男性)

ゴローズが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

あまり最近は付けている人を見かけないから。少し昔のイメージがある。コーデに取り入れにくい。少しゴツい。(10代女性)

個性的でワイルドなすごく好きか全くダメというように、好みが極端に分かれそうなデザインなので中庸をとったからです。(50代女性)

20代の頃は憧れがあり、好きで集めていたりしましたが、持っていればそれだけでかっこいい的なブランドに見えてきてしまい、ミーハーだしなんかダサいなーと感じるようになってしまった。(30代女性)

ゴローズがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

芸能人がつけてる等ではなく、ゴローズは個人的に好きなブランドの1つで単純に好き、かっこいいの言葉の括りになります。飽きずにつけられ、フェザー・イーグル・ビーズ等カスタムにより自分のオリジナルを作っていく楽しみもあるかなと思います。(30代男性)

一世を風靡したが、一時期に比べてブランドとしては弱まった気はする。ネイティブ系アクセはやや下火になっているが、合わせ方次第では悪くないから。(30代男性)

男性が身につけているのを何度か見たことがありますが、ダサいと気にしたことは無いからです。かっこいいかどうかは人によると思います。(20代女性)

自分の好きなテイストのブランドとは異なりますが、唯一無二のブランドだと思うし、ブランドのプライドやこだわりを感じます。そういった唯一無二の地位を確立しているブランドが好きなので、全くダサいとは思いません。(30代女性)

ゴローズのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

ゴローズがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではゴローズを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

派手な服にあわせるとごちゃごちゃしてまとまりがなくなりそう。あまりアメカジに寄せた服だとダサくなりそう。ゴローズ自体が雰囲気があるから。

使う方の自由ではあると思いますが、ネイティブアクセサリーですので、ファッションや合わせ方かなと思います。

ヤンキー風の派手な服装への組み合わせは、双方の個性がぶつかりハードすぎるからです。

ストリート系ファッションにはなんか合わないように思える。若い子がジャラジャラ付けて、いかにもみたいなのは本当にださい。

金色が使われていたり、羽の枚数が多いと2000年代感がより増してしまうので、絶対に避けた方がいいです。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

一番ダサいのは、タイムスリップしてきたかのような方。黒肌にゴリゴリシルバージュエリー、ピチピチのシャツにモンクレのダウン、みたいな典型的な平成ファッション。

全身ネイティブ、トライバル系のコーディネートには気をつけるべき。また、カジュアルな要素が強いデザインものが多いので、TPOを考えて取り入れないとダサイ。

穴が空いたジーパンなどと合わせると、イタイ人に見えてしまうかもしれないと個人的に思います。これも着る人によりますが、穴が空いたジーパンと合わせたい場合は、人によってはチャラく見えてしまう可能性があると思います。

ゴローズがブランドとしてのインパクトが強いので、ブランドのロゴが大きくプリントされたTシャツなどと合わせるのはダサくなると思います。

お兄系と組み合わせた方がいたことがありましたが、残念すぎな組み合わせでした。痛い感じの人でした。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

アメカジにはもちろん合うと思うが、黒のワントーンにもアクセントとして使えそう。ジーンズやジャケットは何を合わせてもしっかりきそう。

ヴィンテージ等のネルシャツにオルテガベスト等のアイテムで合わせるのが好きです。存在感あるので、夏はシンプルに無地のTシャツ等で。ウルフズヘッドのレザーブレスの革小物やビンゴブラザーズ等のビーズネックレスとの重ねつけもかっこいいと思います。

シンプルな服装で体のラインを強調するような服装との組み合わせは、そのアンバランスさが面白くかえっておしゃれに見えるからです。

渋めなファッションができる方が似合うのではないかと思う。派手なバイカーファッションにはとても合うと思います。

銀色かつ羽の枚数が1枚のものであれば、かろうじて渋さが勝るので、つけても許せる範囲に収まると思います。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

現代の流行と掛け合わせたコーディネートであれば、古臭い印象もなくなるかと思います。前回のブームで着用していた方は、自覚がなくとも自然と古いコーディネートになる傾向があるため、控えた方が無難かもしれません。

夏の時期に白Tにフェザー系のネックレスはクール。また、ブレスレットもゴリゴリ系ではなく、シンプルなものを合わせると爽やかな印象。

シンプルなシャツに合わせる、またはグレーのトレーナーなどと合わせるのが良いのかなと思います。派手に見えすぎず、ゴローズの良さを引き立たせられるからです。

ゴローズのアイテムが主役になるようなコーディネートが1番かっこいいと思います。シンプルな白いTシャツとデニムに合わせるのが、そのブランドを際立たせるコーディネートだと思います。

もしつけるとしたら、アメカジ一択だと思います。他の組み合わせはダサくなりすぎます。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないゴローズの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にゴローズの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

トーマス・カーティス

まずはトーマス・カーティスです。

ナホバ族のアーティストが作る高い技術の作品は伝統的なデザインで、特徴でもある6mmもの厚みのある字金を使っている点です。

クロムハーツ

続いてはクロムハーツです。

ゴローズはオールド系で、クロムハーツはロック系なイメージがありますが、高級シルバーアクセサリーという共通点から代用でいけると思います。クロムハーツもブランドとして唯一無二の立ち位置を確立しています。

TADY&KING(タディアンドキング)

続いてはTADY&KING(タディアンドキング)です。

同じような製品を作っているメーカーですので、ほかの製品では満足できない人でも満足できるものと思われます。

チャールズ・ロロマ

続いてはチャールズ・ロロマです。

ターコイズや貴石を使ったデザインのモノがあり、デザイン性が良い。シンプルなモノもあり使いやすい。

アヴァランチ

続いてはアヴァランチです。

音楽カルチャーとも結びついているブランドで、いわゆるZ世代の若者を中心に音楽ジャンルとともに流行中。

まとめ

以上がゴローズの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

ゴローズに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

口コミ投稿フォーム
ログインしてコメントをすると、過去のコメントやコメントへの返信を確認できます。
初めての方は会員登録からお願いします。

会員の方は、ぜひログインしてご投稿ください

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次