\ 最大10%ポイントアップ! /

バートンのリュックはダサい?評判とコーディネートの注意点、改善のコツを紹介

本記事のリンクには広告がふくまれています。

本記事ではBurton(バートン)のリュックの評判とコーディネートのコツを紹介します。

アンケートを行い、集めてきた結果をもとに作成いたしましたので、巷の声を知りたい人にもおすすめです。

バートンのリュックを使ってるけど、もしかしてダサいと思われてた !?

と不安な人はぜひ参考にしてください。

ではさっそく見ていきましょう。

目次

「ダサイズム」は、さまざまなアイテムの「ダサい? ダサくない?」を検証するサイトです。コーディネートの注意点や改善点、代わりの商品も紹介しています。

バートンのリュックはダサいのか?アンケート結果を公開

まずはアンケート結果を見てみましょう。

クラウドワークスにてアンケートを実施した結果、以下のような結果となりました。

項目票数
すごくダサいと思う0
少しダサいと思う3
ふつう・どちらとも言えない4
ダサいとは思わない2
全くダサくない1
CrowdWorksにてアンケートを実施

読者アンケートの結果を踏まえると以下の通り。

\平均評価/

3.1
Rated 3.1 out of 5
星5つ中の3.1(10人のレビュー)
全くダサくない10%
ダサいとは思わない20%
ふつう40%
少しダサいと思う30%
すごくダサいと思う0%

\レビュー/

No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月26日

一時期の勢いはなく今はレイトトレンドだと思う。ものづくりやクオリティは確かなのでまたファッショントレンドが向いてくるとカッコよく見えると思います

40代男性
No Title
Rated 5.0 out of 5
2023年4月26日

派手すぎずシンプルなデザインが多く、どのような場面でもおしゃれに見えそうだから。

また、使い勝手が良さそうで、リュックを使っている時の所作も綺麗になりそうだから。

20代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月26日

見た目は普通な感じがします。自分の好みの色であれば悪くはなく思いますし、それ以外はデザイン的には普通に思います。

40代男性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年4月26日

ストリート系だと思いますが、最近は学生の通学カバンとしてもいいと思っています。

教科書など物がたくさん入るので重たくないと思っております。

40代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月26日

デザインはシンプルで使いやすそうだけど、もう少し角ばっていた方がお洒落感が出ると思う。その点だけが少々残念。

30代女性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月26日

場面を考えて使えばその場に沿ったデザインに感じると思いました。たとえばキャンプやハイキングなどです。でも日常で使うには女性には合わないかと思いました。

20代女性
No Title
Rated 4.0 out of 5
2023年4月26日

大ぶりでカジュアルなデザインの製品が多いと思います。

色使いも多様なので好みの製品を探しやすいでしょう。

40代男性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月26日

バートンはスノーボードメーカーとして有名で、オフシーズンにも使えそうなアパレルも出していますが、冬のイメージが強すぎるのでオールシーズンで使うのはダサいです。

40代男性
No Title
Rated 3.0 out of 5
2023年4月26日

ストリート系、スノボやスケボーをやっている感じの方は良いと思うが、普通の人が使っていたら、おかしいと感じる。

30代女性
No Title
Rated 2.0 out of 5
2023年4月26日

角張っていて大きい印象があるので、街中で見かけるとファッションというよりスポーツやアウトドアの帰りかな?と思ってしまう重量感がある。

40代女性

\絶賛募集中/

あなたの意見をお聞かせ下さい

では続いて、

  • ダサいと思う人
  • ダサいと思わない人
  • どちらとも言えないと答えた人

それぞれの理由とコメントを見ていきます。

バートンのリュックがダサいと思う人の理由・コメント・評判

まずはバートンのリュックをダサいと答えた人の理由からです。

デザインはシンプルで使いやすそうだけど、もう少し角ばっていたほうがオシャレ感が出ると思う。その点だけが少々残念。(30代女性)

バートンはスノーボードメーカーとして有名で、オフシーズンにも使えそうなアパレルも出していますが、冬のイメージが強すぎるのでオールシーズンで使うのはダサいです。(40代男性)

角張っていて大きい印象があるので、街中で見かけるとファッションというより「スポーツやアウトドアの帰りかな?」と思ってしまう重量感がある。(40代女性)

バートンのリュックが普通・どちらでもないと答えた人の理由・コメント・評判

続いてはどちらとも言えないと答えた人のコメントです。

一時期の勢いはなく、今はレイトトレンドだと思う。ものづくりやクオリティは確かなので、またファッショントレンドが向いてくるとカッコよく見えると思います(40代男性)

見た目は普通な感じがします。自分の好みの色であれば悪くはなく思いますし、それ以外はデザイン的には普通に思います。(40代男性)

場面を考えて使えば、その場に沿ったデザインに感じると思いました。たとえばキャンプやハイキングなどです。でも、日常で使うには女性には合わないかと思いました。(20代女性)

ストリート系、スノボやスケボーをやっている感じの方は良いと思うが、普通の人が使っていたらおかしいと感じる。(30代女性)

バートンのリュックがダサくないと思う人の理由・コメント・評判

続いてはダサくないと感じた人のコメントです。

派手すぎずシンプルなデザインが多く、どのような場面でもおしゃれに見えそうだから。また、使い勝手が良さそうで、リュックを使っているときの所作も綺麗になりそうだから。(20代女性)

ストリート系だと思いますが、最近は学生の通学カバンとしてもいいと思っています。教科書など物がたくさん入るので重たくないと思っております。(40代女性)

大ぶりでカジュアルなデザインの製品が多いと思います。色使いも多様なので、好みの製品を探しやすいでしょう。(40代男性)

バートンのリュックのダサい使い方は?注意点と改善点をまとめた

バートンのリュックがダサいかダサくないかは、商品そのもの以外に使い手のセンスによるところもあります。

そこで本項ではバートンのリュックを使う際の注意点やポイントを紹介します。

注意点

ダサくなる組み合わせ、注意点は以下のとおり。

一時期のウィンドブレーカーよりもダウンジャケット全盛なので厳しいかなと。ダウンジャケットには合わないですし、今のトレンドはそこ。

しっかりとした大きめのバッグなので、荷物を小さく見せたいときや周りの人が小さな荷物しか持っていないときに持つとダサく見える。

近場へ行くときや荷物が少ないときには、大きさ的に少し浮いてしまうかもなので、そういうときは合わない気がします。

オシャレにしてくると、リュックのイメージがおかしいと思ってしまうので、キレイめは合わないかもしれないので要注意です。

キーホルダーなどをジャラジャラ付けると、一気にチープでダサくなるので、最小限に留めたほうが良いと思う。

ダサい組み合わせに関するコメントをもっと見る

女性が日常生活で使うにはゴツいし、シンプルすぎて使えないと思いました。女性なら山登り以外には使わなそうなイメージです。

形はしっかりしていますが、ビジネス向きではないと思います。遊び心が出てしまっているので注意です。特に大事な仕事の場には持ち込まないほうが無難です。

夏場に街でバートンのリュックを使っていると、スノーボーダーですと自己主張が強すぎる痛いやつに見られます。

タイトで綺麗めな服装に合わせたり、街に出かけるなどの、普段使いには合わないと思う。

スーツなどのフォーマルな姿にバートンのリュックだと、チグハグな感じがしてとりあえずある物を使っている感が出てしまって非常にダサいので、気をつけたほうが良い。

改善のコツ

改善点は以下のとおりです。

ゴアテックス系のウィンドブレーカーやフードのアウターが一番合います。特にアウターの色がブラックによると、バートンのビビッドカラーが映える。

旅行や会社、遊びなどさまざまな場面で使うことができる。特に旅行などに持っていくには適したサイズ感で、カジュアルでおしゃれな感じがする。

どこかへ遠出するときや着替えなどが必要なときにはいろいろ入れられて便利で、荷物をまとめやすくていいと思います。

小物類など最近は物が少ないこともありますので、小さめのリュックでもいいなぁと思っています。

リュック自体がシンプルなので、服装もモノトーン系や無地のトレーナーなどシンプル系で合わせると知的に見える。

ダサくない組み合わせのコツに関するコメントをもっと見る

山登りでは女性も使えるかと思います。男性ならキャンプやハイキング、仕事用に使う方もいるかもしれません。

キャンプやアウトドアがよく似合うと思います。ソロで徒歩移動のときに持ち歩くのが定番だと思いますが、必要なアイテムを満載した状態で車に備えておくのもいいでしょう。

ロゴが控えめなものであれば夏場でも使えると思います。また、夏場でも滑れるところで使用するのであれば全く問題ないです。

アウトドアやスポーツをやったり、屋外スポーツ観戦に行くなどの場面では、服装にも合うと思う。

カジュアルなTシャツ・ワイドパンツ・スニーカーなどと合わせて、バートンリュックの存在感を目立たせるとオシャレ。

センスに自信のない人はぜひ参考にしていきましょう。

ダサくないバートンのリュックの代用アイテムのおすすめを紹介

最後にバートンのリュックの代わりに使えるおすすめのアイテムを紹介します。

アークテリクスのリュック

まずはアークテリクスのリュックです。

今またアークテリクスがバカ売れしているのは、アウターが色のあるものを着たいからでしょう。

Marmot(マーモット)のリュック

続いてはMarmot(マーモット)のリュックです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

こちらもシンプルだがカラーバリエーションも豊富で、デザイン的にもシャープで小さ目なフォルムが垢ぬけているから。

パタゴニアのリュック

続いてはパタゴニアのリュックです。

使いやすさを追求したデザインと、強い耐久性を兼ね備えたブランドだと思います。同じく大きめで角張ったリュックのデザインが多いけど、カラバリやモチーフなどがより多いので、派手目が好きな人におすすめ。価格も手ごろなので購入しやすいです。

DAKINE(ダカイン)

続いてはDAKINE(ダカイン)です。

ダカインはスノーボードだけでなく、サーフィンもスケートもいわゆるオールシーズンの横ノリをカバーしているブランドなので、いつでも違和感はないです。

グレゴリーのリュック

続いてはグレゴリーのリュックです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon

普段使いや街に行くときに使用しても違和感がない。アウトドアやスポーティーな服装にも合う。

まとめ

以上がバートンのリュックの評判とおすすめの使い方、そして代用品の紹介でした。

バートンのリュックに対する理解が深まれば幸いです。

本サイトではさまざまな商品の「ダサい? ダサくない?」を調査しています。

「これってどうなんだろう…?」と思うものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

ダサくないファッションが分からないときは?

オシャレを第三者にまるっとお願いするなら「ファッションレンタル」がおすすめです。

  • アパレルのプロが自分に合った服を選んでくれる
  • 自分では選ばない組み合わせやコーデに挑戦できる

しかも、気に入らない場合は変更可能

気になる料金も意外と安く、数千円から始められるものも多いです。

新しい服を1着試すつもりで、レンタルファッションを試してみてはいかがでしょうか。

女性ファッションレンタル
おすすめNo.1

エアクロは、プロが厳選した3着を毎月届けてくれるNo.1サービス!

おすすめNo.2

メチャカリは、人気ブランド新品を扱う、20〜30代女性支持No.1サービス

おすすめNo.3

AnotherADdressは、洗練されたブランド物のみ扱う高感度サービス

男性ファッションレンタル
おすすめNo.1

UWearは、着るシーンに最適なオリジナルブランドの服を届けてくれる!

おすすめNo.2

スタイルアップ便は、スタイリスト厳選コーデが毎月届くサービス!

おすすめNo.3

bizfukuは、月〜金の仕事服を全部お任せできるビジカジのサービス!

レンタルファッションのおすすめ
スクロールできます
レディースおすすめNo.1

エアクロは、プロが
厳選した3着を
毎月届けるNo.1サービス
公式サイトへ
レディースおすすめNo.2

メチャカリは、人気
ブランド新品を扱う
20〜30代女性支持No.1
公式サイトへ
レディースおすすめNo.3

AnotherADdress
洗練されたブランド物を
扱う高感度サービス
公式サイトへ
スクロールできます
メンズおすすめNo.1

UWearは、着るシーンに
最適なオリジナル服を
届けてくれる!
公式サイトへ
メンズおすすめNo.2

スタイルアップ便
スタイリスト厳選コーデが
毎月届くサービス!
公式サイトへ
メンズおすすめNo.3

bizfukuは、平日の仕事服を
全部お任せできる
ビジカジサービス!
公式サイトへ
  • URLをコピーしました!

別のアイテムもチェックしてみよう!

当サイト「ダサイズム」では、あらゆる商品のダサいかダサくないかのアンケート調査を実施中。

1500アイテム以上の調査結果を掲載しているので、気になるアイテムがダサいかどうかをチェックすることができます。

実際どう思われているんだろう…?

という人は、ぜひチェックしてみてください。

この記事を書いた人

「ダサイズム」は、さまざまなコーディネートのダサい問題を解決するサイトです。センスに自信がないときに参考にしてください。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次